HUGっと!プリキュアの今後が気になる

プリキュアシリーズを見ていると、歴代の魔法少女や戦闘関係の少女アニメと似てるなと思うところが度々あります。だけど、セーラームーンは作者が星が好きだったり、理系好きだからそこから思いついたのだと思っていましたが、大学の先生が英米文学からもヒントを得ているのではと言っていたので、アニメなど作品を作るにあたって、製作者はいろいろなものをヒントに、昔の作品を後世に活かす形で作っているんだろうなと思いました。
HUGっと!プリキュアもまた、子育てや仕事をする現代人を応援する内容かつ、未来から来た赤ちゃんということで、セーラームーンやママは小学4年生というアニメを合体させた感じになっていると思いました。
特に、11月18日放送分では、未来から来たハグたんを世話するハムスターのハリーが、ずっとみんなに言えなかった真実を話そうとしたとき、ロボット人間のルールーの父親だという元敵のドクタートラウムが現れます。
ドクタートラウムがルールーを作った理由は、映画アンドロメディアでも、亡くなった娘が恋しくて、娘の記憶をうめこんだ娘そっくりのロボットを父親が作るといった内容なので、そんな感じなのかなと思ってみていました。
実際は特に理由はなくて、ロボットだけに礼儀を教えるのが大変だったという子育てと似たような苦労を描いていたので、ペットを育てるのとも似ていて、父と娘の複雑な関係も描いている感じもして、なるほどなと思える部分があり、大人目線でも見れるアニメでした。
ハグたんは、オープニングでも出てくる謎の女神なのかなと思っていましたが、実は未来のプリキュアで、ハリーの心を癒してくれた存在だったことがわかりました。ハグたんは成長しないままだとか、実はプリキュアなのではという意見がネットで分かれていましたが、頭には、プリキュアのティアラがついていたので、やっぱりそうだったんだなと思いました。
だけど、敵のせいで赤ちゃんになってしまったのだと思っていたけれど、時空の中で気づいたら赤ちゃんになっていたという設定は単純すぎて複雑でした。
だけど、未来にも4人ほどプリキュアがいる感じだったので、みんなで力を合わせて戦うのかなと楽しみです。

進撃の巨人

進撃の巨人は初めてマンガで見た時、ものすごい衝撃だったことを覚えています。巨人が人を食うのです。非常にシンプルな設定ながら、ストーリーは非常に緻密に計算されていて、どのシーンにも非常に意味があるものになっています。最初、私は巨人が気持ち悪くて、怖くて、読むのをやめてしましました。しかし、これは得体の知れない怪物を人類がやっつける話ではなかったのです。まず、少年漫画特有の「主人公が強い」「ヒロインはヒーローに助けられる」「善と悪」といったお決まりのストーリーが一切ありません。主人公エレンは昔から気持ちだけ強くていつも誰かに助けられてばかり。そんなエレンの幼馴染でヒロインのミカサはめちゃくちゃ強い。ミカサがいないとエレンは死んでたかもしれない描写がいっぱいあります。そして、もう一人の幼馴染アルミンはエレンを助けるために知恵を絞ります。このように、主人公は助けられてばかりでストーリーの初めに巨人に食われる始末です。
さらに、悪い巨人を善の人間が倒すというようなストーリーもありません。巨人がなんなのか?その答えが一話ごと解明されはじめると、私たち読者は、善が誰で悪が誰なのかわからなくなるのです。
また、進撃の巨人のキャラクターはたくさん登場します。脇役っぽい人が実はものすごい重要な存在であったり、どのキャラクターもいなければいけない存在なのです。さらにセリフも「Wミーニング」的な部分が数多くあるので、読み返したくなること間違いなしなのです!あの時こんなセリフを言ってたけど、今読み返してみると、実はまったく違う意味のセリフだったと気づいたとき、かなり感動します!
このように進撃の巨人はかなり計算されて作られた物語であるため、予想もつかない展開が読者をまっているのです!

弱虫ペダル。

中学生の時に週刊少年ジャンプを購入したきっかけでアニメが好きになりました。ジャンプを読んでいたこともありよく見るアニメは決まってアクション系やバトル系が多かったので、スポーツ系のアニメは今まで無縁状態でした。
ちょうど2ヶ月前くらいに同じ会社のアニメ好きな男性と知り合いになりました。その時に彼が1番好きなアニメを紹介されぜひ観てほしいと勧められました。それが弱虫ペダルでした。名前くらいは聞いたことはありましたがなんといってもスポーツアニメですし、弱虫ペダルが面白くないという噂も聞いていたので紹介されてから観るまでに時間がかかりました。ですが思い切って1話を見た途端、自分でもびっくりするくらいハマっちゃいました(笑)
かごが付いている普通の自転車で急激な傾斜の坂道を立ちこぎをせずに登り、好きなアニメの聖地まで何十キロという道のりを往復してしまう主人公の少年に興味を惹かれました。主人公がかっこよくてなんでも出来ちゃうという想像とは真逆な人で、背が小さく眼鏡をかけているオタクな彼がこれからどんな風に活躍していくんだろうという期待がいつのまにか生まれていました。1期の前半の話で、主人公の彼が自転車競技部に入部した直後、新1年生対抗自転車レースというものがあります。部活内の恒例行事で、決められたコースを自転車で走り、1位を競い合う話です。今まで愛用の普通の自転車しか乗ったことがなかった彼がこの話で初めてロードバイクに乗るんですが、初めてなのに全くグラつかず安定した走りをする所が彼らしいというか、なんというか。1期の中でも1番ハラハラドキドキが詰まった見ごたえがある話だと思います。また、彼の周りにいる部活の同級生や先輩達も個性豊かなキャラクターで溢れています。特に自転車競技の経験者でもある今泉くんと鳴子くんの存在が弱虫ペダルには欠かせない重要人物になってきます。夏のインターハイや全国大会では欠かせない存在になります。同時に主人公の彼も着々と力をつけて成長しているので見どころ満載だと思います。私自身、最近見始めてばかりでまだ2期までしか見れていませんが、結論スポーツアニメは面白いです!私はテレビを見ているだけなのに、まるで自転車に乗ったかのような高揚感と興奮が味わえますし、自転車に乗りたくなります。弱虫ペダルが見終わったら違うスポーツアニメを見ようと思っています。

3月のライオン

羽海野チカさんの漫画ははちみつとクローバーからの大ファンでした。柔らかい柄のタッチや登場人物の歩くシーンなどが大好きでした。3月のライオンもそのような絵のタッチなどが活かされていて見ているだけでほっこりします。しかし、3月のライオンは3月の吹き付ける強い風のように、時には激しく、時には優しい物語展開になります。物語は中学生でプロ棋士になった主人公桐山零の話です。将棋の話ですが、桐山くんと仲良くなる3姉妹の話や、棋士の話がとっても面白く、将棋初心者のかたも楽しく見れます。また、棋士の心理状態を絵にたとえながら表現していることがとてもすばらしいです。例えば、そこは海の中だったり、船の上だったり、暗闇の中だったりします。将棋がわからなくても棋士が今どんな気持ちでどのような状態で戦っているのか、非常に良く伝わります。
そして、将棋に関係ない話もとても面白いのです。それは、生活の中のちょっとした出来事に焦点を当てていることです。例えば、晩御飯の内容を1ページにぎっしり描いていたり、家の箪笥に貼られているシールだったり、日曜の朝の風景だったり。日常の気づかぬまま過ぎてしまう瞬間をしっかりと切り取り、私たちに幸せとは何かを優しいタッチで伝えてくる作品なのです。
主人公たちは一人一人とても壮絶な過去があり、お互い支え合って生きています。しかしそれを思わせないほどの面白いギャグシーンなどもたくさんあります。いじめや家族の問題などの社会問題も扱っていて、どの世代にも楽しめる作品になっています。特にいじめの回では、”言葉”にとても感動しますし、このような社会だからこそ知らなければいけない教訓などもかかれています。

今なら流行るのか?アニメ「鎧伝 サムライトルーパー」

たぶん30年くらい前に放送されていたアニメです。
私のいるところでは早朝の放送だったと思います。好きだったのでがんばって起きてみていました。
そういえば「トルーパー」ってなんだっけ?と調べたら「騎兵」でした。でも馬は出てこなかったかも。
当時の友人とハマり、どのキャラクターが好きだとかいってだいぶ楽しみました。
正義5人、悪はボス1・手下4~5人・あとは小物多数の戦い、そんな感じ。
主な人は大体鎧を着ています。刀とか武器を持っています。
最近刀剣や鎧が一部の女子にうけていますが、どちらかというとロボット的?な鎧だからうけるかどうか。きれいな感じの人もいましたが30年前だから今のキラキラはないです。でも個性豊かで「だれがす好き」とか盛り上がれて楽しんでいました。私にはジャストフィットなキラキラ具合でした。
鎧や刀のほかにも家紋が鎧に入っていたりして和の要素が結構入っていました。
変身シーンもあり、その時は反物が飛び交い斬新です。桜吹雪も舞い散って、BGMの中に鼓っぽい音も入っていたと思います。ちょっとおもしろいかもしれませんがきれいな感じです。
オープニングはかっこよかったし歌も好きでした。
正義のほう、特に主人公が結構悩むタイプで戦いにむなしさを感じたりするシーンがあちこちにありました。そしてほかの人にちょっと迷惑をかけたりすることもあり、そこはいただけなかったです。でも高校生くらいだったと思うししょうがないか。ほかの人も悩みますがそのつど乗り越えていく感じでした。
悪のほうもボスと小物以外の手下はあまり憎めず不思議なかんじでした。最後のほう手下は改心したりしていたと思います。
多少展開で突っ込みどころはありますが、思い返しても結構力の入ったアニメだったと思います。
自分の中では聖闘士聖矢くらいのレベルだと思っていたのですが、それと比べて「観てた」という人に会わないというか、観てたかどうかもあまり尋ねないアニメかも知れません。
きれいなシーンや迫力ある戦い・背景もしっかりしていたと思います。
でもそれ以上にミーハーな気持ちで観ていた気恥ずかしさがあって人にあんまり話さないのかも知れません。
当時声優さんも人気があったと思います。声がいい人がたくさん演じていらっしゃいました。それも楽しみでした。
たぶん今観ても楽しめる気がしています。

「僕のヒーローアカデミア」を一気読み!

前々から話題になっておりました、「僕のヒーローアカデミア」を機会があり先日、1巻~19巻まで一気読みしました。いやあ、人気が沸騰するだけあってやはり面白いですねこれ!様々なキャラクターが「個性」と呼ばれるそのキャラ特有の能力を駆使して街の平和を守っているバリバリのヒーロー社会、そんな中、主人公のデクくんはヒーローに憧れながらも一人だけ個性をもたない、平凡な男の子です。私はナヨナヨしていて他人任せというか、弱虫で行動を起こさない主人公が元来苦手なのですが、このデクくんは外見的にはとても強そうに見えず頼りがいもありません。しかし、弱いながらも率先して行動を起こす、街の住人に危機が迫っている時は自分を省みず迷わず助けに行く抜群の行動力など、かなりのド根性精神と人々の平和を守りたいという意志を持っており、全く不快にならず、逆にデクくんかっこいい!応援したい!という気持ちでいっぱいでした。この主人公デクくんが最強のヒーロー、オールマイトから「個性」を受け継ぎ、ヒーローを養成する学校に入学することができた所から、本格的に話はスタートするのですが…その学校にも個性的な仲間達がいっぱい!まずは幼馴染のカッチャンです。カッチャンは簡単に言うといじめっ子、幼い頃からデクが気に入らず、粗暴な態度をとったりいじめのような事をしたり、と、正直「何だこのムカツクキャラクターは!」というのが第一印象です。しかし…こちらの2人の関係性も読み進めるうちに…。その後も学生生活を送りながらも敵襲などのシリアスな展開が起こったり、かと思えば体育祭に文化祭など、めまぐるしく回る日常の中、子供達の成長や青春をそこに感じられ、どの巻も爽快な後味で読み終わることができます。とにかくオススメですので一回読んでみて下さい!

知る人ぞ知る巨乳漫画 エイケン

この漫画に出てくる女性の多くは頭よりも大きいバストを持っており、太もももウエストと同じぐらいの太さでムチムチです。お尻もセクシーで肛門が丸見えとも思えるようなビキニを纏った女性も出てきます。そして、この漫画の特筆すべき点は、少年誌で連載された漫画であったということです。
私は1991年生まれですが、まだ小学生から中学生であった2003年から2004年に連載されていたのはグッドタイミングで、私の性をこの漫画が支えたと言っても過言ではありません。
この漫画の概要というと、主人公の三船伝助がヒロインの東雲ちはるの胸をその妹の東雲百合子と共に激しく揉みしだき、もう1人のヒロインである御園霧香が圧倒的な体格、バスト、ヒップを活かして伝助にちょっかいを出し、時々ちはるが陰部を丸出しにする、以上です。
特に印象に残ったのが18巻の鏖CEOという人物とのやり取りでした。CEOという長身、超乳のやり手実業家が伝助をちはるから引き離そうと伝助を裸に剥き、自身も裸になって伝助を担ぎ上げてディープキスを行うという少年誌コードギリギリの表現んでした。その行為が終わった後の絵面というのが圧巻で、まるで伝助がCEOの下腹部を愛撫したかのような見栄えでした。
ただエッチなだけの漫画ではなく、伝助のちはるに対する純粋な想い、伝助の人を引き付ける魅力などにも焦点が挙がった漫画でもあります。伝助というと、学力は高校進学を危ぶまれるレベルで、体力は体育の5段階評定で「1」を取るほどの低さですが、それを持って有り余る人間的な魅力を持っています。ちはるは勉強、スポーツ共に最優秀レベルで優しい性格が魅力ですが、そんなちはるは主体性を持って生きる伝助に憧れています。まさしく、それぞれが他の人間が持っていない個性で物語を紡いでいるのです。

ワンピース

初めて読み始めたのは小学生の頃でした。女の子ですが当時の私はワンピースを購読していることに少しかっこよさも感じていました。それくらい入り込める要素が小学生ながらにありました。
面白さは随所に感じられるのですが、感動でいうとやはりエピソードごとのピークになるので感動も倍増です。
始まりのルフィーの幼少期、まずシャンクスのかっこよさに引かれて入り込んだ方は沢山いるのではないでしょうか。私もシャンクスとの再会に期待し、物語の先に引き込まれていきました。
最初に号泣したといえば、やはりサンジのバラティエ編かと思います。その間にももちろん感動ポイントは沢山あります。ですが私の感想でいえば、コビーには後々に出会えるような伏線を感じましたし、ゾロとの出会いはかっこよさしかないです。主を失った犬にも涙腺は緩みました。ウソップとの出会いも感動でしたが、父親との再開への今後の期待の方が大きかったように感じます。今思うとシャンクスの一味との再会もいつになるやらですが。話は戻ってサンジ編ですが、これまでの話と何が違って号泣に至ったかというと、ゾロの号泣ポイントも盛り込まれてのサンジの名シーンです。本当に泣きましたし、未だに人気の名場面なのではないでしょうか。
そして続けてナミ編です。立て続けにやられます。初めて読んだ子供の頃はとにかくナミが不憫でルフィー達が無事勝って良かった~という印象だったのですが、大人になって読み返すと周囲の思い、ベルメールさんの思い、ナミの思い、沢山のことを感じさせられ感情移入してしまう話だと思います。
まだ書きたりないくらい感動したところは沢山ありますが、これでもやっと物語の起動に乗り始めたところです。本当に何度でも読み返してしまう話ばかりです。
そしてネットなどでこの先の話の考察合戦をみていてもあきないです。随所に伏線があるので拾う、繋がる楽しみもあります。

まだまだ続くであろう物語を私も追っていきたいです。

干物妹!うまるちゃんの魅力

タイトルに妹と付くと大抵兄と妹の恋模様が描かれているのかと思われがちですが、この物語は日常系のものです。
外ではなんでも完璧だけど家に帰ればゲーム・アニメ・ネット三昧の妹うまると、うまると一緒に暮らし世話をする大平がメインのお話になっています。
普通に見ると、世話を焼く兄と面倒をかける妹のようですが、所々に家族として大切に思っていることを感じさせる描写がありとても癒されます。
また、家になかで小さくなって(通称:家うまる)コロコロ転がったり、お菓子を食べあさったりと小さいからこそ生かされる可愛さもこの作品の魅力です。

うまるは家以外で完璧を演じているため、周囲には兄に世話をされていることやゲームが大好きなことを隠しています。
そのため、不意に家に訪れた友人に家うまるを見られたときは、うまるの妹のこまると名乗り、ゲームセンターで会った友人には顔に仮面をつけて変装しUMRと名乗ってごまかしていますが、うまるはこのままでいいのかと悩み始めます。
脱力系のお話の中に、うまるが悩むことでメリハリがつきだれることがないように思いました。

うまるは仲良しな友人が3人いて、それぞれに兄がいます。
極度の人見知りでデリカシーにない兄に悩む切絵、突然いなくなった兄を密かに探している海老名、兄のことが大好きで、兄の影響でオタクになったシルフィンフォード(通称:シルフィン)。
また、何かの縁あってうまるの友人の兄は大平の知り合いです。
高校から腐れ縁の仲で同じ会社に就職した同僚の本場(通称:ぼんば)、東京に自分の料理店を出すことを夢見て家を出た公一郎(通称:料理長)、ネットでアニメにハマって引きこもりになるが、日本の友人を通じて更生し会社の後輩となったアレックス。
外うまると家うまる、さらには友人の妹Sと兄Sが織り成す人間関係にも注目です。

ゴールデンカムイ

先日、本屋さんでゴールデンカムイ の1巻を立ち読みしました。なんとなく話題になっているのは知っていましたし、北海道でアイヌの人たちと美味しいご飯を食べる漫画かなーと思っていました。ところがどっこい。本当はもっとシリアスで、ドラマチックなお話で、立ち読みから数分、一気にその場で大人買いして帰りました。お話の序盤は、アイヌの人々が残した金塊というお宝探しにわくわくしていましたが、物語が進むにつれ、登場人物それぞれの抱えた闇、物語に引き込まれていきました。よく、漫画ではお話の何処かで、だんだんとキャラ設定が変わってしまって、「ん?この人こんなキャラだっけ??」となることがありますが、ゴールデンカムイ にはそれがありません。(尾形さん除く)ひとりひとりが人間味があって、憎めない。悪人だとしても理由ある悪。全員を推しキャラにしたい!また、男たちのアツイ身体。アツすぎるんです。相撲やら、殴り合いやら、風呂やら、サウナやら。ちょっと若い女性には恥ずかしいシーンが多いと思いますが、彼らの人間味を知ると微笑ましく感じることでしょう。ザワザワっとさせられるシリアス感と、所々で出てくる微笑ましさのシーン…まさに飴と鞭で一気に読み進めてしまいます。ちなみに、最初に予想していた「北海道のアイヌの人たちと美味しいご飯を食べる漫画」も間違いではなく、美味しそうなグルメシーンもたくさんあります。北海道に行ってたべてみたいなあ、どこに行けば食べられるかなとよく検索するようになりました。現在、ヤングジャンプ で最新話が発行されています。アニメ化も二期に渡り放映中です。これからさらに物語の流れが動き出す様なので、大好きなゴールデンカムイ からますます目が離せません!