「僕のヒーローアカデミア」を一気読み!

前々から話題になっておりました、「僕のヒーローアカデミア」を機会があり先日、1巻~19巻まで一気読みしました。いやあ、人気が沸騰するだけあってやはり面白いですねこれ!様々なキャラクターが「個性」と呼ばれるそのキャラ特有の能力を駆使して街の平和を守っているバリバリのヒーロー社会、そんな中、主人公のデクくんはヒーローに憧れながらも一人だけ個性をもたない、平凡な男の子です。私はナヨナヨしていて他人任せというか、弱虫で行動を起こさない主人公が元来苦手なのですが、このデクくんは外見的にはとても強そうに見えず頼りがいもありません。しかし、弱いながらも率先して行動を起こす、街の住人に危機が迫っている時は自分を省みず迷わず助けに行く抜群の行動力など、かなりのド根性精神と人々の平和を守りたいという意志を持っており、全く不快にならず、逆にデクくんかっこいい!応援したい!という気持ちでいっぱいでした。この主人公デクくんが最強のヒーロー、オールマイトから「個性」を受け継ぎ、ヒーローを養成する学校に入学することができた所から、本格的に話はスタートするのですが…その学校にも個性的な仲間達がいっぱい!まずは幼馴染のカッチャンです。カッチャンは簡単に言うといじめっ子、幼い頃からデクが気に入らず、粗暴な態度をとったりいじめのような事をしたり、と、正直「何だこのムカツクキャラクターは!」というのが第一印象です。しかし…こちらの2人の関係性も読み進めるうちに…。その後も学生生活を送りながらも敵襲などのシリアスな展開が起こったり、かと思えば体育祭に文化祭など、めまぐるしく回る日常の中、子供達の成長や青春をそこに感じられ、どの巻も爽快な後味で読み終わることができます。とにかくオススメですので一回読んでみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です